おめめの歯形

自分の足跡を残すというより、必死に食らいついて歯形くらいしか残せない

ルームナイトウェア

今まで意識していなかったが、女たるもの、ルームナイトウェアにも気を使った方がいいと思うようになった。

 

ルームナイトウェアとか言ってっけど、要はパジャマね。

その辺の適当なTシャツとハーパンとパーカーはダメだなと。

色気もなんにもねぇ。

いや、寝るだけだからね、って思ってたワケ。

 

えー、パジャマパーティーとかあるじゃん?

は?なんだそのパーティー、早く寝ろよ。

えー、お泊りとかあるじゃん?

は?誰も興味ないわ、早く寝ろよ。

 

サエコあたりが「やっぱりモフモフは最強♡」とか言ってるの見かけて、心底うんざりしてたんだけども、その辺りはこう、もっと心を広くしいいんじゃねーかと。

 

パジャマとやらにお金を費やさなかった人生、費やした人生、両方味わえんなら味わっておこうか、と。

30代前半までそこに考えが至らなかった己を恥じたい。

 

そんなんで意気揚々とUNIQLOへ向かった。

 

いや、UNIQLOかよ!

 

と、お思いの皆さん。

ジェラピケやらチュチュアンナやら沢山ある中で、なんで私がUNIQLOを選んだか説明させて。

 

入りやすかったの。

 

ネットでの購入も考えたけど、まぁまぁ、UNIQLOって結局使いやすいし安いし初心者向きでしょ。いっかってなって。いいよね。

 

さ、UNIQLOで商品を探すとうっかり上下スウェットとか手に取りそうになる。

いかん、目当てはパジャマや。

いざパジャマエリア。

 

型は何種類か、柄は沢山あった。

無地が無難だと思いながらも、

「無地はやめよう、せっかくのルームナイトウェアデビュー、派手にいこうぜ!」

と、もう1人の自分に鼓舞されて燕柄やチェック柄を手に取ってみる。

 

今より20キロ以上太っていた時

中川家の礼二に似ているね」

 

痩せてベリーショートだった時

「ジャニーズにいそうだね」

 

そんなブレブレの見た目の私だが、

唯一共通しているのはどちらも男性という、性別を超越しちゃってるってこと。

そんな奴がチェックとかツバメとかキャピキャピしてどーすんだと。

 

ここはひとつ、鉄板のストライプでいこう!

色はピンク!

いやピンクはやりすぎだ!ブルー!

 

結果、白地に薄いブルーのストライプを購入し帰路に着いた。

 

帰って早々に試着してみると、

あらやだ!可愛い!

ブランニュー私!

ナイストゥーミィーチュー!

 

テンションMax。

 

これは普段私に興味のない旦那もなんか言うだろうとウキウキ。

 

この日、旦那は飲み会で遅くなり、帰宅したのは午前2時。

まぁ待ってみたよね。

 

帰宅した旦那は驚愕の表情

 

「まだ起きてたの!?」

 

そらそうや。

普段絶対寝ている私が起きている。

 

「昼寝しちゃったから」

 

とりあえずパジャマにはちっとも気付かずに、訝しげに私を見ながら一言。

 

「そうなの?いやでもこの時間だよ?

早く寝なよ」

 

やべー、やっぱり言われたわ。

パジャマ買ったところで、それみたことか。

 

旦那は言うだけ言うと自室へ引っ込んでしまった。そのうち鼾が聞こえてきた。

 

いやいや、酔っ払ってるし。

明日があるよ、明日が。

そう思いながら私も寝る。

 

一夜明けた朝。

 

起きてきた旦那に

「ジャーン」と、わかりやすく全身をアピールしてみた。

 

「あ、買ったんだ」

 

「うん!どう?どう?」

 

可愛い?似合ってる?どう思う?

心の中で旦那がなんて言うか考える。

 

「お父さんみたい」

 

「え?」

 

「お父さん」

 

「、、それ、ウチのお父さん?それとも他所のお父さん?」

 

「どっかのお父さん」

 

「そっか、ウチのお父さんではないのか」

 

うん、なんだこの会話。

 

2018年も終わりに近づいて、

平成最後、平成最後とやたら最後感が高まる今日このごろ。

 

私のパジャマも最後になるとは。

 

中川家の礼二

ジャニーズ

 

そこに加わった

 

お父さん

 

ジェラピケでも行くべきかな、ねぇ、サエコ

透き通る

何に縛られてるわけでも頼まれたわけでもとにかくなんでもないのに。

 

私は勝手にがんじがらめでしくじって他人のせいにして無様。

 

涙がものすごく出るからやわらか〜いティッシュで拭ったら毛羽立ちがついてイラついた。

 

私の頭の中は何かで常にいっぱいなのに空っぽで。誰も何も。

 

私は何も。

 

昨日台風がきて、家がガタガタして眠れなかったんだ。怖かったんだ。

お父さん、お母さん、聞いてる?

 

一番大人なはずなのに、一番子供。

私は戻れないから大丈夫なほう。

 

今日はマズイ。

朝からめざましの占いが11位だったし。

 

会社ではいつも以上にうまく喋れなかった。

 

涙が止まらなくて、自分は病気なのかもとか、弱すぎるとか、普通の事を考えたけど、

私はもうとっくにはみ出してて、悲しみや痛さだけが一丁前に普通なんてありえないんだ。

 

夜明けには、私から発せられる第一声は何が正解か考えながら眠ろう。

あと

私は自分の顔の
右眉上の吹き出物と。

 

右足太ももの、虫刺されの痕が気になって。


ランチタイムは憂鬱だった。

ただでさえ、隣の太ったパートの女が目障りで、不快指数はいつも高めなのに。

 

サラダを食べている私に、太ったパートの女が、草食動物みたいですね、とつまらないコメントを投げかけてきたから尚更だ。

イマイチな一日でも、一応、終わってくれるから、人生はまだマシなのかなぁ。

 

帰路で聴くのは、今年引退してしまう歌姫のバラード。

 

夏が終わる。

 

「仕方ないこと」を受け入れる体制は、年々万全になっているはずなのに、これが「仕方ないこと」とわかるには、なんだか鈍くなったようで。


やっとこさ気付いた時には、結構傷ついた後だったりする。

 

急に私の、大切な、届かなかったモノたちを思い出してしまって、心臓が痛くなった。

 

気にいると思って、2時間かけて選んだ、ツバメのイラストの琺瑯マグ。
箱がオシャレで、こだわった郷土菓子。
コロンビアのコーヒー豆。
欲しいと言っていた、サーモスのボトル。
代官山で見つけた革靴。
丁寧に書いたメッセージカード。

 

誰か、のためだったモノたちは、誰か、にちっとも気に入ってもらえないまま、今はどこにいるんだろう。

 

そうです、私がバカでした。

 

思い返してみたら、虫に刺されるのはいつも私でした。

 

ドドン、と花火の音がどこからか響いてくる。
誰か、たちは、私の知らない誰か、たちと、空を見上げているのだろう。

 

外は、まだ夏がしがみついている。


冷房を効かせた部屋で、買ったばかりのニットワンピースに袖を通して、タータンチェックの赤いマフラーを巻く。

この、なんとも言えない高揚感。

 

虫刺されの痕が痒くても、そう、いつまでも続くわけじゃない。
このくらいなら、痒みはすぐに治まって、痕にもならず、秋には思いも出さないだろう。

 

なんてことない、ホント、ちっとも。

加瀬亮

加瀬亮にフラれる一歩手前の夢を見た。
念押しで言っておくが、もちろん現実で付き合って(※付き合えて)などいない。

 

しかし、昨夜から今朝にかけ、2人の間には恋愛における一連の流れというものが確かにあったのだ。(夢の中で)

自らか、加瀬亮からか、告白みたいなのがあって、付き合ってんだろうし。(想像)
「おめめちゃん」「亮」と呼び合っているし。(夢の中で)
2年ちょっとの時を一緒過ごしてるらしくて。(もう、2年ちょっと経つしなぁと思った私がいた、夢の中で)
マンネリがきてて。(何故かデートがちっとも楽しくない設定)
私は彼に冷たくなって、彼にも新しい女の影がチラホラ見えたりして。(新しい女は全身ジバンシイという見たこともねぇ知らないやつだった)

 

仕事帰りに駅で待ち合わせた加瀬亮
「明日、大事な話がある」と不意をついて言われた。(ちなみに加瀬亮はサラリーマンの設定)

 

別れ話だと瞬時に察し、ものすごーく、気が重くなった。


券売機の前で急に言われたから、人目も気になって、いや、今はプライドとか変なのいらないじゃん、と思いつつ、やっぱり気になって。
彼の腕を引っ張って、見つけた柱の陰に2人でたたずむ。


地下鉄の駅だった。

 

見上げた彼を見て、別れるのが嫌だと気づく。

 

不必要に緊張しながら、
「明日とか、そうゆうの嫌いじゃん、私。今、ここで言いなよ」と目を見て言った。

あー、こんなこと言いたくない!なんでこんな言い方しかできないんだ、私はバカだ、と夢の中の自分は心にもないことを可愛げもなく言ってのける。
が、この辺は現実の私そのもの。

 

加瀬亮はあの優しい微笑みで
「今でもいいけど、おめめちゃんが、きっと嫌だって言うよ。だから、明日までには、俺の話にうんって言えるおめめちゃんになってて」
と言ってのけた。

 

私は号泣した。
なんでもっと大切にしなかったんだろう
もっともっと、ちゃんと、大切にすれば良かった。

 

加瀬亮は「なに、なんで泣いちゃうの」
と言って抱きしめてくれた。

 

私は加瀬亮の胸でごめんなさいを何回も何回も言って、もう絶対手に入らない彼の気持ちに対して、今更、がむしゃらに手を伸ばした。


優しさしかない彼は、それのみで私を包んで、とっくになくなった恋とか愛とかは、全身ジバンシイの女にカタチを変えて向かってるんだ。

 

加瀬亮は笑顔のまじった困り顔で、泣かないで、明日ちゃんと会おう、と言ってたけど、私はそれどころじゃなくって、ちっとも。

 

明日なんて来なければいい、とにかく彼を離したくなくて、回した腕にぎゅうっと力を込めた。

 

目覚めは最悪だった。
ものすごーく、切なかった。


ブルー、それ以外のなにものでもない。

なんでフラれなきゃなんないんだ。
夢ならせめて、幸せな夢を見させてよ。
秋の美術館デートでも、クリスマスのロマンチックなプロポーズでも、ジューンブライドでもいいじゃん!

 

ブルー。
とにかくブルー。

 

芸能人登場の夢なんて勝手にどんどん見させてもらってるけどさ。
こんなん初めてだよ。
勝手にすったもんだをしてんな、って加瀬亮さん、ファンからお怒りの声が聞こえそうだけどね。

 

いやでも。無抵抗の思考回路だからね、私。
辛いやん、失恋って辛いやん。
正確には失恋の一歩手前だけど、それもそれでキツイやん。

 

1ミリも手に入っていない加瀬亮にフラれる直前の謎。


朝起きて、傷心の私は珈琲を淹れながら夫にこの話を丁寧に愚痴った。


「どうかしている」


取り付く島もなく、夫はぽっと言い放ち、会社へ出勤していった。


私は洗濯機を回したあと、ソファでコーヒーを飲みながら、夫の言葉が全てのオチだなぁとしんみり思った。


それでも手元のスマホで【加瀬亮】をエゴサーチし始めた私は、やはりどうかしている。

ひとりごと

私は泣きながら、昨夜の残りのアヒージョとクルミバケットを1人で食べた。 


明日はいい日になる、なんて誰が保証してくれるのだろう。


自分が丁寧に生きたところで、いとも簡単に他人にぶち壊されている。


缶のまま、口をつけたビールは汗をかいて、ぬるくなるのも時間の問題だ。


生まれただけで、特別だと思っていた。
私はとても、あまりにも普通の人間だけども。


生まれた時、父母、祖父祖母、兄、親戚一同、とにかく小さな世界の中で、私は特別ではなかったのか。


学生時代に親友だと思っていた友達。


私のことを好きだと言ってくれた人たち。


私はいつから、誰の特別でもなくなったのだろう。


シーフードのアヒージョだから、白ワインが良かったな、と今更思うし、パンは太るから夜は避けてたのにな、とかも今更思う。


涙は。
一向に止まらない。


私は帰り道、私が一体何をしたんだと、秋の空気にぶつけたけど、大好きな秋に悪いことしたなぁと思い、すぐに反省した。


このビールを飲んで、熱めのお風呂につかって、早く寝よう。早くこの夜が通り過ぎて、明日も明後日も、週末も11月と12月も33歳も丑年もとにかくぜーんぶ、一気にぶわぁーって通り過ぎて、なくれなればいい。
なくなっちゃえばいい。私なんて。


私なんて。

あいつ

今なにしてる?

 

TV番組のタイトルだが、有名人のかつての同級生が今現在、なにをしているか探る内容だ。

 

番組内容に異論はないが、

私の性格が卑屈すぎて思うことはある。

「今の自分に自信がある側の一方通行」

つまりは、成功者がやることなんだと思ってしまう。

 

例えば。

極端ではあるが、昔はお嬢様で学校のマドンナ。

しかし、親の会社が倒産で借金地獄、さらには男に騙され、現在はシングルマザー。生活保護を受けながら暮らし、体型も変化、身なりに気も使えない。

(※決して差別ではなく、あくまでも例え話です。バリバリ働いて頑張るシングルマザーも沢山おりますから。)

なんて人が、旧友は今、何しているかなんて気にかけるだろうか。

そんな余裕もないだろうし、逆にそんな成功者に会いたいなんて思うだろうか。

今の自分を見てもらいたいだろうか。

 

人は、自分に余裕が生まれて初めて、他人のことも気にかけられるのではないだろうか。

 

さて、本題。

以前、このブログにも書いた、前に働いていた職場の上司から連絡がきた。

なんでも近々、入籍予定だそう。

メールには、社交辞令だと思うが、私に凄く会いたいと書いてあった。

 

おかしな話だ。

一年ちょっと前まで、貴方の送別会を開こうと計画していた私に対し、遠回しに会いたくないと拒絶したのは貴方自身ではないか。

 

私は上司の「会いたい」を文字通りに、素直に受け取れなかった。

そこで思うわけだ。

きっと、今、上司はすごく幸せなんでしょう。

大変なことも多いけど、婚約者がおり、毎日が充実しているのでしょう。

心にゆとりができて、私に連絡できるくらいの余裕も生まれたんでしょう。

今の、幸せな自分を見てもらいたいのかもしれない。

上司は今、何がきても跳ね返せる鎧を身につけたのかも知れない。

 

ただ、私。

連絡をもらった時、一番はじめに、おめでとうございますって出なかった。

 

バカにされているな、と思った。

勝手だなって。

私なりに気を使って連絡を取った時、ことごとくスルーしたの、どこの誰でしたっけ。

 

そんなことした相手に、今更、凄く会いたい、というフレーズ、よう出てきましたね。

 

貴方が幸せなら、それで結構ですし、

貴方はブレずに、私を嫌いなままで良かったんですよ。

 

100歩譲って。

もし、あの頃、貴方に全く余裕がなかったとして。

そういう気持ちもわかるから。

でもそれなら、久しぶりの連絡は、謝罪の言葉があってもいいのでは。

 

連絡、返せずにごめんね。と。

 

私がもし、上司と同じように、誰かの連絡をスルーしたら、それはもう会いたくない意思表示でもあるし、自分から二度と連絡はしない。

故意にスルーしたことはないけれど。

それに、自分が相手してしまったことは覚えている。

 

上司はそこまで深く考えてない事もわかっている。

私の方が年上なのに、こんな意地の悪い感情を持ってしまって大人気ないとも思う。

祝い事なんだから、手放しで祝福してやるべきであろう。

 

ただ私も、大人だがそれなりに傷ついている。

その、傷ついている可能性を考えない上司の事を私は残念に思うし、子供なんだな、と思う。

 

結局、あくまでも、うわべだけの祝いの言葉を返しておいたが、それに対する上司の返信も、やはり会う方向に持っていく内容だった。

 

前面に押し出してくる、余裕。

どうしても見て欲しい、今の私、感。

仕事も全く違った分野にいき、スローライフを送ってるそうだ。

婚約者がよほど稼ぎがいいのだろう。

 

どうでもいい。

勝手に幸せになってくれ。

私も幸せにやってます。

私のことは忘れて欲しい。

 

このまま、会う方向になるのだろうか。

やんわりと、忙しい雰囲気、機会があれば、、的なかわし方をしているが、ハッピーサマーウェディング上司には伝わっていないようだ。

 

私もキッパリ会いたくないと言えたらいいが、そうも言えないこのポンコツ性分。

連絡は途切れがちだが、一体どうなることやら。

会うことになれば、祝いの品の1つでも渡さなければいけない。

 

ただ、ただ、面倒。

マナー

映画が好きだ。

とても好き。

 

「通」でも、

「マニア」でも、

「博士」でもない。

単に、好き。

 

映画館の特別感も、またいい。

劇場って、非日常へ連れて行ってくれる。

そのため私たちも、

その世界に足を踏み入れるには、

その世界の「マナー」を守らないといけない。

 

さて。

本日、レディースデーということも手伝い、見逃していた話題作を観に近くの映画館へ。

 

話題+人気作なので、何回も足を運ぶ人もいると聞いていた通り、公開から日が経っているにも関わらず、結構な人数が観に来ていた。

もちろん、レディースデーなので女性が多数を占めていた。

 

自身で選んだ、通路側の席へ腰を下ろすと、ぐっと高揚感が増す。

俄然、楽しみになってくる。

携帯の電源を切り、上映まで待つ。

通路を挟んだ斜め下の席に、母娘の姿があった。娘さんは4、5歳だろうか。

字幕がわかるのかしら、という素朴な疑問を抱きつつ、まぁ雰囲気でもわかりそうな作品だからなぁ、なんて思っていた。

 

スクリーンに、上映に先立ってのマナーが流れると、先程の母娘の母親が娘に、「◯◯ちゃん、聞きましたか?マナーを守ってくださいね」

と言い、娘も元気よく「はーい!」と言っていた。

 

続いて予告編が流れ、いよいよ本編がはじまる。

正直、好みのテイストではないが、話題になるだけあり、徐々に世界観に引き込まれる。

と、映画の中で、観客が拍手をするシーン、おや?と、すぐ近くでも拍手が聞こえる。

エンドロールでもなんでもない、序盤のシーンの出来事だ。

音のする方をみると、先程から登場している、母娘の娘ちゃんが手を叩いていた。

 

映画の中では、観客が足を鳴らし始めた。

すると、娘ちゃんも席から立ち、足を鳴らしはじめた。

 

これは、いいのか。ありなのか。

この作品は、一緒に皆んなで踊りましょう!的なテーマがあるのか。

私が知らないだけかもしれない。

しばらくして、母親がやんわりと席に座らせていた。

 

こうなってくると、もう、この母娘が気になってしまう。

今日はもうダメだな、と心の中で思っていた。

こうなると作品がしっかり入ってこない。

 

その後も、色々な箇所で娘ちゃんが反応していた。

さらに、途中で母親のスマホがなった。

 

嘘だろ、と思った。

 

静かなシーンではなかったので、音はそこまで響いてなかったが、そういうことじゃあないよ。

そして暗い客席に灯る、絶対不必要な光。

慌ててはいるが、ちゃっかりスマホチェックしている。

 

おいおい、さっきマナー守れって言ってたのドコノドイツダヨ。

 

不快指数が着実に増えていく。

 

最後の方、娘ちゃんはまさかの通路まで出てきて踊っていた。

母親は戻すことも注意もしない。

 

斜め下の通路の階段で踊る4、5歳の女児、、、

暗いし、転倒でもしないか気が気ではない。

 

周りの人はどう思っているのだろう。

私の不快指数は頂点まで達していた。

 

それでも、エンドロール後までしっかり見届けた。

場内が明るくなり、娘は母親のところまで戻り「すごいおもしろかったから、たくさんおどったよ!」と言っていた。

 

意味がわからない。

 

私の心が狭いのか?

子供がいないからわからないのか?

親の責任だよ、完全にコレ。

 

まず、映画は自由に観るものだと思う。

ただ、そこは公共の場である。

大勢の人がいる、映画の鑑賞の仕方もそれぞれだろう、だからこそ共通のマナーがある。

 

しかしマナーは、携帯の電源を落とし、喋らないこと、席を蹴らないこと、などあるが、確かに「通路で踊ってはいけません」も、「上映中、拍手や足を鳴らしてはいけません」のアナウンスはない。

じゃあ今回のってOK?いやいや、基本中の基本は静かに観ることじゃないの?

大前提に、周りの人に迷惑になりそうな行動や言動はしてはいけないよね?

 

兎にも角にも、私は腑に落ちなかった。

レディースデーでお手頃価格とはいえ、

私も映画を楽しみに、料金を払って観にきている。

母娘にとって、自分たちの思うままに楽しんだ時間は、私にとっては苦痛を伴う時間だった。

 

あまりにも微妙な感情になったから、

帰ってこの作品のことを調べたら、

応援上映」なるものの存在を知った。

 

これは、この作品に限らず行われているもので、近頃人気の上映スタイルでもあるそう。

 

それは、発声、拍手、手拍子、コスプレOK!

そんなまさか!と思う内容。

さらには、サイリュウムとペンライトも使用可となっていた。

驚愕である。

 

もちろん、これは特別ルール。

その上映の時だけ、皆で楽しみましょう!ってこと。

 

うん、ここじゃね?

母娘が行くべきとこ、ここじゃね?

 

今日はさ、普通の上映の日じゃんかって思ってしまった。

そーゆうのあんならさ、そっちで思い切りやったらいいじゃない。

 

それでも、お母さん、貴方ね、スマホの電源を落とすってゆう、当たり前のことだけはしましょう。

 

モヤモヤな気持ちは残るが、それでも作品に罪はない。