おめめの歯形

自分の足跡を残すというより、必死に食らいついて歯形くらいしか残せない

ことばとかもじとか

このブログは、全体に公開しているものの、見ている人はゼロに等しい。

 

自分の気持ちの居場所を作りたくて始めてみたものだし、全然更新しないから、何かに引っかかったりして身バレする心配もない。

 

このようなサービスを使っていて矛盾していると思うけど、普段、現実にいる私を誰も知らないから安心なんだ。

これを書いているのが「私」と誰にも知られたくない。

 

巷のSNSもそうだ。

便利で誰かと繋がれる分、自分の情報がダダ漏れ。誰にでも存在を知られてしまう。

だからfacebookも辞めたし、インスタも辞めた。

私にとってのSNSは、恐怖だ。

 

さて、私の趣味の1つに映画鑑賞がある。

映画館に足を運ぶのは月に3回程度だが、レンタルや月額サービスでは1日に3本観たりする。

 

自分の記録として、アプリを使うことにした。

観た映画と、その感想を記録しておくのだ。

そのアプリは他人とも繋がれる。

私は身バレしない程度の情報のみを公開していたはずだが、友人にバレた。

それもそのはず、その友人とは数回映画を一緒に観に行っており、私自身が「このアプリ使っててー」とうっかり言ってしまったのだ。

 

友人はアプリなどに興味がないと思っていたら、どうやらそうでないらしく、友人もアプリを使い始めたのだ。

 

私の映画の感想を見た友人からは「普段のおめめじゃないよね」や「意外」と言われるまでは良かった。

面倒なのは、友人もアプリ内で映画の感想を残すようになった。

そうなってくると、私とものすごい好みが違うことがわかってしまった。

これじゃ、もう映画を一緒に観に行くことはできない。

さらに、私はアプリ内の自分は普段の自分と切り離しているが、友人は違ったのだ。

私が映画を観て感想を残すと、友人にも通知が届いてしまう。

すると友人から「◯◯観たんだね」などとLINEで連絡がくるようになってしまった。

 

私はまた1つ、自分を表現する場を失いそうだ。

大げさかも知れないが、それくらい私にとっては大事なアプリだった。

 

心がモヤっとする。

私はどうして心が広くないんだろう、映画なんて娯楽の1つだし、好みだって人それぞれだから気にしなくていいのに。

だけど、私は映画の感想でも、自分の言葉を残しているという自覚がある。

それは、実はとても本質的で、普段の自分では表現できないような事も、言葉や文字にできているという楽しみ方をしていたのだ。

友人とは楽しみ方が違っていたのだ。

 

私を知っている人に、私の書いたものを読まれる恐怖。

それと矛盾して、私を知らない人には、私の書いたものを読んでほしい自己承認欲求。

 

こんな面倒な自分にも辟易してしまう。

 

私はどうして、こんな事1つもうまくこなせないんだろう。

どうして、うまくできないんだろう。

 

私はそのうちアプリを辞めるだろうか。

600本近い映画の履歴と、300件近い感想を無かったことにするのだろうか。

たかだかアプリ。SNS

いっそ、もう全て辞めてみようか。

 

私は私を消せるのだろうか。

アイスクリーム

朝から。
イビキをかいて、電気、エアコンつけっぱなしで眠る主人をよそに。

私は飼い猫を病院へ連れてゆき、連日の雨で出来なかった洗濯物を乾かしにランドリーへゆき。

帰ってから家事を一通り済ませ。
やっと起きた主人にお腹が空いてないかの確認をし。

雨の毎日、週末も籠りがちになるので、主人を映画に誘うも今日は嫌だと断られる。

夕食にラーメンでもいいね、と言って1人でラーメン屋を調べる。主人は相変わらずテレビに夢中だ。

結局、お腹がさほど空いてない状態になり、スーパーへ主人と出かけた。

車内で。
行きも帰りも、最近読んだ小説の話をしたのは私だ。主人が勧めた小説だから、話も盛り上がると思ったのに、だいぶ前に読んだらしく、盛り上がらない。

帰って簡単な夕食を済ませた。

話題をと思い、芸能人の話をしたら、不快だと言われた。

不覚にも泣いてしまった。

私の何がいけないか、自分でもわかっている。
でも、私の何がいけないか、自分でもわからない部分がある。

主人は優しい。
私が寝ていたらパンを買ってきてくれたり、
愚痴も沢山聞いてくれる。

主人は仕事で毎日疲れてるだろうから、私は頼み事もお願い事も最小限に抑えてる。

でも、そうゆうことじゃない。
全然違う。

泣いたら謝られた。

きっと違う。
何かが違う。
絶対的に違う。

底なし沼にいるようで、心が折れる

誰も助けてくれない。

アイスを食べている途中で泣いたから、アイスはデロデロに溶けていた。

 

私も溶けてしまいたい。

10月は石原さとみからスタート

実家がある片田舎から、母親が上京してきた。

一緒に舞台観劇へ行くのだ。

東京駅で待ち合わせ、ランチをし、会場へ向かうスケジュールだった。

 

東京駅は連休の為か大混雑しており、どこのお店も並んでいると予想していたが、意外にどのお店も空いていた。

三連休のど真ん中の東京駅は、単なる目的地までの通過点でしかないようだ。

 

母の希望で定食屋に入り、簡単にランチを済ませて店を出たが、観劇までにはまだかなり時間がある。

せっかくなので東京駅の近辺でブラブラすることにした。

 

母は特に欲しいものがなかったが、私は先日からマスタード色のセーターを探していた。

カタチにもかなりこだわりがあるので、なかなか見つからず困っていた。

東京駅の近辺など、普段全く来ないので、ここで掘り出し物があるといいな、と思いマスタード色のセーターを探した。

 

色々な店を回る中、ふと、イエローのニットワンピースに目がとまる。

とてもとても素敵。

母も「おめめちゃん!これは可愛いわよ!」とガンガン勧めてくる。

でも、私が欲しいのはマスタード色のセーターで、しかもワンピースだと着回ししにくいし、と私自身は後ろ向き。

 

「あてるだけ!ね!鏡で!」

「や、いいよ、ホント」

このくだりを店前で繰り広げていたら、案の定、店員につかまった。

ホント、アパレルの店員って美人でスタイル良い人が多すぎ。

 

「ぜひ♪ご試着だけでも!」美人店員も勧めてくる。

「ほら!おめめちゃん!ほら!」

母の声も力む。

言っておくが、私は32歳と半年の立派な大人の女性だ。

母にとってはいつまでも子供だろうが、いちいち「おめめちゃん!ほら!」なんて言われる身にもなってほしい。

 

うーん、でも確かに可愛いな、と結局試着することに。

フェイスカバーだけ、お願いしますね」

そう言った美人店員に案内された試着室でパンプスを脱いだら、靴下に穴が空いていた。

美人店員はスルーしてくれたが、一気にこのイエローのニットワンピースを着る資格がないように思えた。

 

試着室でモタモタしていると、外で母と美人店員が盛り上がっている。

いつものことだが、母は褒められて喜び、普段大きめ声がさらに大きくなっている。

 

「田舎からでてきたんだけどねぇ、これから舞台を観に行くの!」

「わぁ!いいですね!素敵なお母様とお嬢様なので、客先でも注目されますね!」

「あら!嬉しい!おめめちゃん!聞いた?ねぇ!素敵ですって!」

 

聞こえているが、こっちはやっとニットワンピースを試着したところだ。外の会話になんてかまってられない。

試着室の鏡で見ると、ワンピースはめちゃくちゃ可愛い。

しかし、どうにも服に着られている感。

私の背が足りない、細さが足りない、顔の小ささが足りない、つまりは総合的に足りない。

着こなせないかな?

でも可愛いなぁ。

 

「おめめちゃん、着れた?」

母の催促で試着室の扉を開けた。

 

「わぁ!お似合いですぅ!とっても!」

マニュアル通りの台詞を美人店員からもらう。

「おめめちゃん!いいじゃない!」

何を着てもそう言う、母のいつもの台詞をもらう。

 

「うーん、でも、着られてない?ワンピースの威力に追いつけない」

否定してみるものの、ちょっと欲しくなってる自分がいる。

 

「良かったら外の大きな鏡でどうぞ」

美人店員の言われるまま、大きな鏡で見る。

こうゆう時、他の店員やお客さんがいて恥ずかしいんだよなぁ、と思っていたその時。

 

「おめめちゃん!これね!石原さとみも同じの着たんだって!石原さとみ!」

 

その時の私の顔を、誰か撮っておいて欲しかった。

母の大きな声に、他の客の目線が、一気に私に集中したのがわかる。

 

続けて美人店員も「そうなんですよぅ!ドラマで!」と続ける。

 

私の目は完全に死んでいただろう。

頭の中は全面謝罪しかない。

ホント、私なんかが着てすみません。

 

石原さとみが衣装で着ていただけで、それを着たら石原さとみになれます?

 

なれねぇ。

 

「えー!じゃあ、買います!」ってなる?

 

なんねぇ。

 

「ホントにお似合いですよ」

美人店員が盛り上がるが、私はもうこの地獄から早く抜け出したくてたまらない。

 

「とりあえず、着替えます」

そう言って試着室に戻り、美人店員にイエローのニットワンピースを渡し、少し考える旨を伝えた。

 

「あれ似合うの、たぶん、石原さとみだけだよ」と母に告げると

「そんなことないよ!おめめちゃんも、とっても似合ってた!」励ましてもらった。

 

すごい可愛い、、、でも、石原さとみの重圧がハンパない。

 

石原さとみになったら買うわ」

「やだ、面白い、おめめちゃん。でも、石原さとみは色違いだって」

「え?」

石原さとみは、違う色だって」

 

 

私の家のクローゼットには、イエローのニットワンピースがかかっている。

 

 

 

食卓にストレス

「作りすぎだ」

「よね」

夫に言われると思ったので、自分でも食い気味に認めた。

 

料理が好きだ。ストレス発散の1つになるから。

料理はいい。無心になれる上、出来上がりがわかりやすい。完成はこれだ!というのが、ほぼ確定している。

そして上手くいけば美味しい。

お酒も進む。スバラシイ。

 

仕事で疲れて帰ってきても、包丁を握ると、私はもう職人だ!の勢いで料理をし、食べきれるはずもない品数を黙々と作り始める。

気付くと、あれ?養豚場かな?

100パー食べきれない量になってしまっている時がある。

私は大満足だ。自分の作り上げた料理の数々に恍惚とする。ストレスも軽減され、自分を褒めたくなる。

 

そんなわけで、我が家の食卓にズラリと並ぶ料理=私のストレス指数である。

 

秋野菜のバーニャカウダ、鶏の唐揚げ、シーチキンとレタスのマカロニサラダ、ポテトのチーズオーブン焼き、エリンギと明太子のマヨネーズ和え、バタートーストのラムレーズンクリームチーズのせ。

 

部活で忙しい食べ盛りの長男もいなければ。

「ちょっと、あんた、ダイエットするんじゃなかったのー?」と声をかける長女もいない。

「おかーさん!今日タクヤ君くるから!」と友達を連れてくる末っ子もおりません。

 

ふ・た・り暮らし。

単に私のストレスです。

 

そこで、夫にダイレクトに伝えてみた。

どうして多くなるのか?

ストレスが多いからだよ、ストレスの数だけ料理が並ぶよ!

 

「、、、なんかヤダ」

 

そうだろうよ。

 

この告白で、我が家の夕食が夫のストレスにならないことを祈る。

わたしのやうなにんげん

数年前に勤めていた会社の、私の直属の上司が辞めると連絡がきた。

 

本社の経理にいる女性からだ。

本社が都外にあるため、上司に会いに東京にくるので、夜、上司も含めて一緒食事でも、とのこと。

私も最終的には責任のある立場にいたが、色々あって、最低な思いをして辞めた会社。

今更どうなのかと思ったが、もうずいぶん昔のことだ、と割り切り、行くことにした。

 

上司とは、まぁまぁうまくやってたつもりだ。

私より年下だが、一生懸命だし、天然で可愛いところもあった。

数字を作るのに、残業を沢山したし、上司が社長に責められた時も、私は必死に守った。

上司がお客さんから、好意を持たれてしまい、大ごとになった時も、間に入って鎮静させた。

その分、助けてもらったこともある。

私は社長と、社長が連れてきた新社員と揉めて辞めてしまったけど。

 

 

経理がわざわざ東京にくるのだし、上司も主役なので店探しをかって出た。上司は肉が好きとのこと、都内の有名店を経理に提案したが、連絡が途切れた。

 

ギリギリだとお店も取れないしなぁ、と思っていたところ、経理から、上司から私に連絡をするように言ってあるが、来てないか、の確認連絡が。

 

私に上司からは連絡がきていない。

どうも、経理の話を掘り下げてみると、上司は私と会うのが嫌らしい。

 

やっぱりそうか、と思った。

 

 

その数日後、つい数ヶ月前まで働いていた会社の同僚と飲んだ。

そこで、あまり関わりのなかった他部署の女性が辞めたと聞いた。

その女性は社内不倫の常連であり、男性社員6人と関係を持っていたので、あまり自分から関わらなかった、というのが真実。

私は不倫現場を目撃したこともあるし、不倫した社員の男から直接聞いてしまったりしたし、第一に、その女がペチャクチャ誰と寝ただの周りに喋るから、勝手に耳に入ってきた。

でも、私は誰にも言わなかった。

私はそうゆう話で盛り上がれない。どうでもいい、どうでもいいから、私には関わるな、のタイプだ。

 

私も酔っていたが、同僚も酔っ払っていて、ふいに

「2人とも辞めたから言うけどさぁ」

 

「久保さん、おめめのこと超嫌いって言ってたよ」

 

私は酔いがさめた

 

「なんか、偽善者ぶってるし、自分が嫌な人のことも嫌いじゃないです、みたいなアピールするし、そーゆー人、イヤなんだよねって」

 

やっぱり、そうか。

 

全人類から好かれたいと思ってないし、

会社の人間に好かれたいと思ってもいない。

 

それでも、自分が誰かに「嫌われている」という事実を目の当たりにすると、思いの外、痛いものですね。

 

月並みですが、私はそんなつもり、ありませんでした。

数年前の会社でも、数ヶ月前の会社でも、私は必死でした。

仕事だから。

私は働きにきているから。

 

誰かの事を嫌いになるのは、仕事上だけだ。

だって仕事じゃないか。

友達でもなんでもない。

私には、わからないことばっかり。

 

だけど

私のことを嫌いな人がいる代わりに、

今日も、私のことを好きで、大切にしてくれている人たちがいる。

 

ありがとう。

 

AVをはじめて観たら泣いた

掲題の件につきまして。

 

私の友人リストには、売れてない役者が結構いる。私が昔やっていた仕事の関係なんですがね。それももう10年くら前だ。

ごくたまに、その友人たちの舞台を観に行ったり、飲みに行ったりする。

先日、酒の席で、そのうちの1人が「映画に出演した」と報告してきた。

 

その友人は舞台よりもCMの端役などで活動しているようで、最初は友人の友人だった為、私との付き合いとしては、まだ日の浅い間柄。

 

「おぉー、良かったじゃん」

軽めに笑顔で祝い

「どんな映画なの?どんな役なの?」と聞くか聞かないかくらいで

「脱いだんだよねー」と平然と言ってきた。

 

え?脱いだの?

 

あまり詳しく書くと身バレすんので、詳細は省くが、かなり驚いた。

AVではなく、どうも、まぁ、そーゆー感じの映画らしい。察して。

※ちなみに友人は主演ではない

 

小規模のキャパで短期間だが映画館でも上映するらしい。

「良かったら観てよ」

観たいけど映画館に行く勇気はない旨を伝えると、とある女性向けアダルトサイトで試聴できるとのこと。

 

サイトのURLを送ってもらい、内容が内容だけに家で1人で観ることに。

スマホで試聴したものの、、、

友人。

どうあがいても友人。

おぉ、友よ。

いかんせん、マイフレンド。

 

ねぇ君はもう、友達じゃない

友達より、卑猥な人

 

右手回して踊り出す勢いだわ。

 

やー、これは見れない。

笑っちゃう!

ファニーだよ、ファニー!

今後アナタに会う時は、私はアナタの裸を思い浮かべちゃうよ!

 

友人のピンクモードは途中でリタイアして、せっかくの機会なので、人生初となるアダルトサイトを見て回ることにした。

この年齢に達するまで女性が故なのか、AVを観たことがなかった。

 

で、ビックリ。

キレイでスタイル良くて、そんじょそこらのアイドル以上の女の子がセクシー女優だったりするのね。

 

で、さらにビックリ。

イケメンや、、イケメンがおるで!

 

超がつく有名男優、一徹。

私、知らなかったんですよ、彼。

後でしっかり調べました。

 

イケメンだなぁ、と思って、折角ならイケメンが出ている作品をば、、、と試聴してみる。

 

まっっったく興奮しなかった。

1ミリもエロい気分にならなかった。

 

なぜかって?

私は泣いていたからだ。

 

理由はわかっている。

 

私はこれまで、クソ野郎としか付き合ってこなかった。

こんなに女性に優しい人いるの?

 

神様。

神様なんて信じてなかったけど、ここにいたんですね神様!

 

ベッドの上でですね、あんな優しさに触れたことないんでね、もう、泣くしかない。

羨ましい。

2度と戻らない、私のベッド上の過去と、1度も手に入らないまま終わるであろう、私のベッド上の未来。

やはり泣くしかない。

 

芝居なのはわかっている。

それでもいいんだよ。

バファリン、男はバファリンであってくれ!

半分は優しさ!!

 

 一徹の高度なテクニックやら、女優さんのキレイなカラダや顔やエロめの声なんてすっ飛ぶ。

 

「、、、いいなぁぁぁ(号泣)」

 「言われてみたいぃぃぃ(号泣)」

ただ、ただ、ひたすらに。

羨ましかった。

 

見終わった私は、リビングの窓から秋空を見上げて思った。

 

かわいそう。

 

うん、私、かわいそう。

 

バカだな。

 

うん、私、バカだな。

 

 

 

 

 

 

 

さんじゅうイヤー

エレファントカシマシ

Theピーズ

スピッツ

 

上記の順で6、7、8月とライブへ行ってきた。

共通はこの3バンドが30周年だったこと。

 

エレカシは個人的に「ミヤジの生歌を聞かないで死ねるか!」イヤーですので、新春→30周年→野音と続きます。

ピーズとスピッツはお初でした。

 

エレカシでは力を

ピーズでは幸せを

スピッツでは癒しを

 

それぞれに、ものすごいの、もらいました。

普段、ライブとか行かないんですけど、心の底から行けて良かった。

 

30周年ってことはですね。

私がオギャアしたあたりで、みなさんもう、自分の道を自分で決めて、未来への一歩を踏み出してるっつう、、、

で、継続してるわけですよ。

 

もう、いや、ホント、適当に生きていてすみません。

今もTシャツにてろてろのショーパン姿。

ローテーブルにカフェオレ。

ソファーでだらんとして、今更ながらハマったダンガンロンパやったり、俺と悪魔のブルーズ読んだり、あと少ししたらDVDでも観て。

 

まぁ、今日雨だし、肌寒いし、昨日から微妙に働いてるし、みたいな自分の正義をこじつけている。

 

世の中の働いてる皆さんに罪悪感を抱きつつ、それでもこのまま夜まで体勢もあんま変えず、テキトーなご飯食べてお風呂ゆっくり入って寝る自分しか想像できません。

 

そんな人間でも、ライブに行くと、なんか得体の知らない力がみなぎるんですわ。

 

来週の野音は雨らしい。

エレカシ野音は初。

立ち見だ。

全然いい、むしろ立ち見でもチケット取れてありがたや。

魂で聴く。

 

それまで仕事頑張るぞ!

とか言えたらいんすけどね。

来週の後半まで仕事ないってゆう、

私って人間はそういう奴だ。